デリヘルが好きで仕方がないおっさんのための処方箋

デリヘルが好きすぎて持論まで持っているこだわりのオヤジ達に贈る、様々な勘違いを避けるために処方しておきますね

*

マッドでもいいじゃない松戸のデリヘルでぶっ飛ぶ

いまいち田舎臭いと思われがちなマツドには『MAD』シティーと噂されるほどに気が狂っているというマイナーなイメージさえ持たれてしまいがちである。しかしご存知だろうか、このスラングには『大好き』という意味も併せ持っているのである。そう、デリヘル大好きなおじさまはこの松戸が大好きである。

Mad about MATSUDO!!

常磐線の車庫があるため上野からの電車は松戸どまりである。しかも直通で約25分、そのため台東区からのアクセスが非常に良いとも言える。しかし松戸のデリヘルに通うおじさまは他のエリアからもはるばる足を運ぶほどに上質なのである。なぜなら、松戸のデリヘルがハイレベルなのには江戸時代まで遡ると、その深い歴史があってこそのものだとも言えるのである。
駅を降りると、なんとも言えない懐かしさが残る繁華街が賑わう東口では庶民が買い物を楽しむ姿も見られる。その反対側に位置する西口側から江戸川堤防に向かって進んでいくとデリヘル好きなおっさんは多少懐かしく感じられる佇まいの住宅地がある。このエリアがいったい松戸のデリヘルとどういった関係があるのであろうか。そのエリアは江戸時代、『平潟(ひらかた)』と呼ばれる遊郭があった場所である。遊郭というのは日本の歴史ある男たちの桃源郷とも言われていた女遊びのできる宿屋である。庶民が遊ぶには手が届かないほどに上質で高級な遊びであった今で言う所のデリヘルのような存在である。現在では、駅からも徒歩圏内にあることから以前の遊郭であったであろう姿は見ることができないが非常にシンプルな作りのマンションが立ち並んでいる辺りを見ると松戸のデリヘルで働いている女の子はこのあたりに住んでいるのではなかろうかという想像を掻き立てられるものである。
こうした歴史のある場所であるからこそ松戸のデリヘルはクオリティーの高さが売りになっているのであると言える。松戸のデリヘルで遊ぶのであれば、一度この平潟の遊郭があったあたりを散策したいものである。その際には是非、平潟神社へお参りしをしてから松戸のデリヘルを利用したいところだ。
また、おっさんのランチには最適なラーメンの激戦区としても有名である。女性客の間に挟まれて肩身の狭い思いをしながら小洒落たカフェでランチよりも、松戸のデリヘルを利用する前にはガツっと腹を満たしてくれる昼飯の方が良いであろう。
決して都心のような華やかな街とは言い難いが、そこはベッドタウンとして栄えているほどの住みやすそうな街が並ぶ。そこに住まう女性たちが松戸のデリヘルを盛り上げていると思うと、この日常からのギャップに非常に燃えるものがあるのはエロオヤジだからという理由だけではないはずである。
デリヘル遊びが好きなおじさまであれば下町感あふれる松戸まで一度足を運んでみることを勧めたい。その魅力にハマるオヤジはかなり多いはずである。
非常に魅力的でマッドな松戸のデリヘルはこちらから

公開日:
最終更新日:2016/01/16